読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワタナベ書店

読んだ本の感想とか美味しかったお店の紹介とかLinuxの知見とか好きなことを好きなだけ書くブログです。

帰宅時に夜なら部屋の明かりが勝手についているようにする [Philips Hue] [Homekit]

ガジェット テクノロジー

Philips Hue(ヒュー) スターターセット v2   929001156101

Philips Hue(ヒュー) スターターセット v2 929001156101

Philips Hueがversion2からHomekitに対応しました。
実はHomekitにはIFTTTのように特定の条件からHomekit対応製品のON/OFFができるようになっています。IFTTTでは『帰宅時』、『明かりをつける』というふうに条件と実行するコマンドを設定できますが、Homekitであれば『帰宅時』、ただし『日没後』であれば『明かりをつける』というように、起動する限定条件(位置情報やHomekitのセンサの数値等)を設定することができるのでIFTTTより柔軟です。

Philips Hue公式アプリでは何故がその機能が存在しないので、他社のアプリを使って設定しましょう。(ここらへん、AppleがiOS10から公式アプリを出す理由かもしれません)

Elgato Eve

Elgato Eve

  • Elgato Systems
  • ライフスタイル
  • 無料

Home - Smart Home Automation

Home - Smart Home Automation

  • Matthias Hochgatterer
  • ライフスタイル
  • ¥1,800

あたりが特定条件でのトリガーに対応してます。
今回は『帰宅時』に『夜』なら自動で『部屋の明かりをつける』ようにしてみます。

必要なもの

Philips Hue version2
version1はHomekitに対応していないのでハブだけ買い直しましょう。

Philips Hue(ヒュー) スターターセット v2   929001156101

Philips Hue(ヒュー) スターターセット v2 929001156101

Apple TV 第3世代、もしくは第4世代
Homekit対応製品を家のネットワークの外から操作したいときは今のところApple TVが必要になります。

Homekit対応かつ、条件を設定してのトリガーが設定可能なアプリが必要です。
今回はElgato Eveを使います。

Elgato Eve

Elgato Eve

  • Elgato Systems
  • ライフスタイル
  • 無料

設定方法

まず、『シーン』を設定します。シーンとはHomekitでの同時実行コマンドで複数の命令をまとめる設定を作ります。
今回は部屋のhueの電球3つを同時にONにする『ただいま』というシーンを作りました。
これだけでも帰宅した時に、iPhoneに向かって「ただいま」って言えば部屋の明かりがつきます。

ルールを選択し、ルールを追加から条件設定をします。

ここから、出てくる設定にしたがって設定すれば可能ですがせっかくなので最後まで説明します。
条件指定しての自動操作はアプリごとに少しずつ異なりますが、シーンを条件によって起動させるというフローは変わりません。

どこの位置に到着、または出発したかを設定します。
この時のトリガーは、その位置にいるということに反応するわけではなく、画像の円の中に『入った』または『出たか』を判断します。

iPhoneのジオフェンスという機能を使用しているみたいです。
なので、位置情報を常に取得しているわけではないのでバッテリー消耗が低いです。

次に、先ほどの条件を限定させる条件を追加します。
値もしくは時間で限定出来ます。
今回は『帰宅時』かつ『夜』なので日没後を指定します。
厳密に時間を指定することも出来ますし、季節が変化する事に変わる日没、日の出のイベントにも合わせることが出来ます。

なお、数値ではHomekit対応のセンサを使うことで、部屋の温度などを条件にすることも出来ます。
僕はこれを使用して帰宅時、部屋の温度が28度以上であればエアコンを起動させるというルールを作っていたりします。

最後に設定した条件にあうときに実行するシーンを設定します。

最後に名前をつけて完成です。

もし、動かないという時は条件を見なおしてください。
もしくはApple TVでちゃんとiPhoneと同じアカウントでログインしているか確認してください。そうしないと動きません。
確認のためにiPhoneWi-Fiをオフにして一度、Homekitアプリから動かせるかどうか確認してみるのが確実で良いと思います。

考察

Homekit対応機器同士であれば、他社製品でも組み合わせて家電のON/OFFや柔軟な設定が作れることがわかりました。
例えば『帰宅時、部屋の温度が28度以上であれば、エアコンをつける』、『外出時、部屋の電気とエアコンを消す』、『外出時、昼間だったら、ルンバを動かす』、『人センサがオンになったら、玄関の明かりをつける』など、考えるだけでもこれだけあります。
まだ、Siriで話しかけるくらいしか有用性がありませんが、対応製品が増えればそれらを組み合わせてリモコン無し、音声操作も不要な、自動スマートハウスが作れそうです。